【ITパスポート】マネジメント系 > プロジェクトマネジメント

プロジェクトマネジメントの出題内容はプロジェクトマネジメント(プロジェクトの管理)の目的・考え方・過程・手法の知識が問われます。
マネジメント系分野の概要についてはこちらをご確認ください。

IT

ここでは、マネジメント系のプロジェクトマネジメントの詳細について、重要なワードと解説について記載しています。

プロジェクトマネジメント

・プロジェクトマネジメント

プロジェクト 特定の課題のものに各部門から専門家を集めて編成し、決められた期間と予算内で目標を定めて活動する
PMBOK(Project Management Body of Knowledge) 米国プロジェクトマネジメント協会が、プロジェクトを管理する手法を体系化したもの。現在、プロジェクトマネジメントにおける事実上の標準(デファクトスタンダード)となっている
PDCAサイクル 立ち上げて集結するまでの間、計画(Plan)を立て、計画通りに作業を実地(Do)、結果を評価(Check)して、悪いところは改善(Action)するサイクル
PMBOKの観点 「スコープ」「タイム」「コスト」「品質」「調達」「人的資源」「コミュニケーション」「リスク」「統合管理」
プロジェクト立ち上げ時 プロジェクトの目標を明確にする、プロジェクトマネージャを任命し、責任や権限を明確にする。プロジェクト憲章を作成し、公式に認可させることでプロジェクトは開始する
制約条件 プロジェクトマネージャはスコープ(対象範囲)、タイム(納期)、コスト(予算)の制約を常に受けながら、プロジェクトの進捗を把握し、問題が起こらないように適切な処置を施していく
スコープ プロジェクトが提供する成果物とそれを作成するための作業
WBS(Work Breakdown Structure) プロジェクトのスコープ全体と提供される成果物や作業の内容や範囲を体系的に整理した図
タイム プロジェクトは、「始め」と「終わり」の期間が決められていて、所定の期間内に完了させることが重要。日程管理においてアローダイアグラムやガンチャートがよく用いられる
マイルストーン プロジェクト全体の期間をいくつかの工程に分割し、それぞれの始めと終わりを明確にすることが有効。その中である意思決定をする時点をマイルストーンという
コスト:ファンクションポイント法 帳票数、画面数、ファイル数などからソフトウェアの機能を定量的に把握し、それに基づいて、ソフトウェアの開発工程や開発費用などを見積もる手法
コスト:プログラムステップ法(LOC:Line Of Code) 開発するプログラムのステップ数を元に、開発規模を見積もる方法
コスト:COCOMO法(Constructive Cost Model) 予測されるプログラム行数に開発者の能力や要求の信頼性などの補足係数を掛け合わせて開発工数や期間、要員や生産性を見積もる手法
開発工数 ソフトウェア開発を見積もる時に、開発工数が使われる。単位は人月や人日などがある
プロジェクト統合マネジメント プロジェクトのコスト、スコープ、タイムなどの各プロセスを統合的に管理し、プロセス間の調整を行う活動のこと

・工程管理

アローダイアグラム(Arrow Diagram)、PERT 作業の順序や作業相互の関係を表現したり、重要作業を把握するのに適しており、プロジェクトの作業計画などに利用される
作業を表す。矢印の上に作業名、矢印の下に所用日数(所要時間)を記入する
作業と作業の結合点を表す。先行するものから順に番号を付ける
→(破線) ダミー作業で、作業の順序関係だけを表す。所用日数(所要時間)が0の作業である
複数の先行作業 全ての先行作業が完了してから後続作業の開始
最早開始日(最早結合点時刻) 全ての先行作業が完了し、最も早く後続作業を開始できる時点のことを言う。全作業が完了する最短の日数を求めるには、最初の作業から順に、各結合点ごとに最早開始日を計算していく(最も遅い作業に合わす)
最遅開始日(最遅結合点時刻) 全ての後続作業の日程が遅れないように、先行作業が完了していなくてはならない時点を言う。最後の作業から遡って計算する(最も早い作業に合わす)
クリティカルパス(Critical Path) 最早開始日と最遅開始日が等しい結合点を結んだ経路をいう。クリティカルパスには危険な経路、余裕のない経路という意味があり、一番長い経路になる。
ガンチャート 作業別に作業内容とその実施期間を棒状に図示したもの。作業の相互関係の把握は困難だが、予定作業に対する実績を把握するのに適していて、個人やグループの進捗管理に利用される。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です