【ITパスポート】ストラテジ系 > 企業活動

企業活動では経営の基本・業務の分析課題の解決方法など、法務では知的財産権や個人情報保護法などの法律に関する内容の理解が問われます。
ストラテジ系分野の概要についてはこちらをご確認ください。

company

ここでは、ストラテジ系の企業活動の詳細について、重要なワードと解説について記載しています。

企業活動

・企業会計

管理会計 企業内部の意思決定や組織統制を目的とする。損益分岐点分析、原価管理、予算管理などの経営判断のための内部報告書を作成。
財務会計 企業の経営者が、株主や債権者などの企業外部の利害関係(ステークホルダ)に対して会計報告を行うことを目的とする。会計処理、賃借対照表、損益計算書などの財務諸表を作成。企業の経営成績、財務状態を外部に公開(ディスクロージャ)
財務諸表 企業の財政状態や経営成績をステークホルダへ報告するために作成されている計算書類。
賃借対照表 会計期間末日時点の全ての資産、負債、純資産などを記載したもので企業の財政状態を明らかにするもの。(B/S(Balance Sheet))
資産 プラスの財産。現金、預金、土地、建物、売掛金、受取手形など
負債 マイナスの財産、買掛金、支払手形、借入金、社債など
純資産 正味の財産。資産-負債
自己資本 返さなくて資産。純資産。資本金など
他人資本 払わなければいけない負債。手形や売掛け金など。
流動資産 1年以内に現金にすることができる資産。現金、預金、売掛金、受取手形など。
固定資産 長い期間に渡って使う資産。不動産や製造機械など。
流動負債 1年以内に支払わなくてはいけない負債。売掛金、支払手形、短期借入金など。
固定負債 当面支払わなくて良い負債。社債など。
流動比率 流動資産/流動負債で決まる、流動負債に対する流動資産を示す指標。その値が大きいほど支払い能力が高く安全である。
固定比率 固定資産/自己資本で決まる、自己資本と比べて設備投資が過剰でないかを示す指標。その値が小さいほど安全。
損益計算書 会計期間に属する全ての収益と費用を記載し、算出した利益を示したもので、企業の経営成績を明らかにするもの(P/L(Profit and Loss statement))
売上総利益 売上高-売上原価。商品または製品の売上高から売上げられた商品または製品の売上原価を差引いた差額。
営業利益 売上総利益-販売費及び一般管理費。売上高から、売上原価および販売費、一般管理費を差し引いて残った利益。数値が大きいほど良い企業とされる。
経常利益 営業利益+営業外利益-営業外費用。企業が通常の経済活動で毎期に経常的・反復的に生じる利益のこと。売り上げから本業にかかったコストを差し引いたのが営業利益であり、この営業利益に財務活動などの本業以外の損益を加えたのが経常利益である。
税引前当期純利益 経常利益+特別利益-特別損失。経常利益(経常損失)に特別利益を加え、そこから特別損失を差し引いた後の利益のことをいう。
当期純利益 税引前当期利益-法人税等。
1事業年度に計上されるすべての収益から,すべての費用を差し引いて計算される当期の最終的な純利益。1期間の正常な経営成績を判定するための尺度としては,経常利益が重要であるが,この経常利益に対して特別利益と特別損失を加算・減算した上で,さらに法人税などを控除して計算されたものが当期純利益であるから,当期の企業活動の最終的な成果としての重要性を持っている。
自己資本利益率:ROE(Return On Equity) 当期純利益/自己資本で求める。収益性分析で用いられる株価指標の一つであって、株主資本(払込資本金と内部留保との和)に対する当期純利益の比率である。 株主の投資がどの適度効率よく利益を生み出しているかを把握することができる。
売上総利益率(粗利率) 売上総利益/売上高で求める。企業の製品やサービスが競争力があるかを把握することができる。
純資産利益率:ROA(Return On Asset) 当期純利益/総資産で求める。会社の資産がどれだけ利益を生み出しているかを示す指標で、会社の効率性を収益性を示す指標。総資産をどの程度効率的に活用して収益に結びつけているかを把握することができる。
キャッシュフロー計算書 一会計期間において、企業にどれくらいの資金が入ってきて、どれくらいの資金が出ていったかという、資金の流れを「営業活動」「投資活動」「財務活動」3領域の活動で示したもの。
会計監査人 会社の計算書(損益計算書や賃借対照表など)を会計監査する。
固定費 売れても売れなくても一定にかかる費用のこと。人件費、店舗の家賃、光熱費。
変動費 売れれば売れるほどかかる費用のこと。材料費、材料の運送費など。
総費用 固定費と変動費を足した費用。
利益 売上高-総費用=売上高-(固定費+変動費)
損益分岐点分析 損益分岐点は、固定費/(1-変動率)で求められる。変動率=変動費/売上高。
損失と利益が分岐する点を分析すること。売上高が、この点を上回れば利益がでる。下回れば損失が出る。損益分岐点での売上高は、固定費と変動費の和に等しい関係にある。
在庫の評価:先入先出法 先に仕入れた商品から先に出庫をするものとみなして計算をする方法
在庫の評価:後入先出法 後に仕入れた商品から先に出庫をするものとみなして計算をする方法
在庫の評価:移動平気法 商品を仕入れた都度、その時の残高とその商品の購入金額を加算し、それを残量と購入量の合計数量で割って、払出単価を求める方法
在庫の評価:総平均法 期初在庫の評価額と仕入れた商品の総額との合計をその総数量で割り、払出単価を求める方法
減価償却 資産の購入にかかった金額(取得価格)を、一定の方法に従って、利用した年度ごとに減価償却費として配分する。資産の種別ごとに法定耐用年数として資産の利用可能な年数の耐用年数を定められている。PCは4年。サーバは5年。ソフトウェア3年、そのほかのものは5年。
減価償却:定額法 毎年、一定額の減価償却費を計上する方法。
減価償却:定率法 毎年、一定の率で減価償却費を計算する方法です。
期待値 売り上げや利益などを予測する場合に、期待できる数値の平均値のこと。起こり売る事象の全ての場合の数値に、それぞれの確率をかけて足すことで求める。

・データ整理技法

ブレーンストーミング より多くの斬新なアイディアや意見を引き出すための手法。批判禁止、質より量、自由奔放、結合、便乗を原則に自由にたくさんの意見を出し合う。
KJ法:親和図法 ブレーンストーミングで収集した情報を相互の関係によってグループ化し、解決すべき問題点を明確にする方法。情報収集、カード作成、グルーピング、見出し作り、図解、文書化の手順で行われる。
バズセッション 全体を小グループに分けてそれぞれが同じテーマで議論し、グループごとの討議の結果をまとめ、全体の場で発表し、全体として一つの意見にまとめる手法。
決定表(デシジョンテーブル) 条件の組み合わせによって行動を決定する表。行動を決定し、条件を列挙する(条件表題欄)、条件を満たす場合にYes、満たさない場合にNoを記入する(条件記入欄)、条件の組み合わせによって取るべき行動を列挙する(行動表題欄)、条件の組み合わせによって取るべき行動にX、無関係な行動に-を記入する(行動記入欄)の4つの要素に分かれている。
決定木(ディシジョンツリー) 決定理論の分野において、 決定を行う為のグラフであり、計画を立案して目標に到達するために用いられる。 決定木は、意志決定を助けることを目的として作られる。 決定木は木構造の特別な形である。

・QC七つ道具とグラフ

QC七つ道具 QC(Quality Control:品質管理)七つ道具は、品質を管理するために、データを数値化して定量的にデータ分析を行う手法。
特性要因図(フィッシュボーン図) 原因と結果の関連を魚の骨のような形状として体系的にまとめ、結果に対してどのような原因が関連しているかを明確にする。
散布図 座標上にプロットした点のばらつき具合から、二つの特性間の相関関係を判断するのに用いられる。正の相関、負の相関、相関なしがある。
パレート図 データをいくつかの項目に分類し、横軸方向に大きい順に棒グラフとして並べ、累積値を折れ線グラフで描き、重点項目を把握する。
パレートズ:ABC分析 ある項目の件数を降順に並べた結果、全体に対する比率によって、A群、B群、C群のようにクラス分けをし、重点項目を把握する。
ヒストグラム 収集したデータをいくつかの区分に分類し、各区間に属するデータの個数を棒グラフとして描き、品質のばらつきを捉える。
管理図 時系列的に発生するデータのばらつきを折れ線グラフで表し、上限と下限を設定して以上の発生に用いる。
チェックシート あらかじめチェック項目を列挙したシートを作り、チェックマークをつけて確認する。点検などで利用される。
層別 データや調査結果などをグループに分けて分析し、グループごとの特性を明らかにする手法。
グラフ 収集したデータや分析した結果を数値だけで表現すると見辛いので、より分かりやすくするためにグラフ表現を用いる。グラフで表現する主な目的は、数値の比較(棒グラフ)、時間的な推移(折れ線グラフ)、構成要素の比率(円グラフ)の三つ。また、折れ線グラフと棒グラフを組み合わせて2系列のデータを同時に表す複合グフラフ、時間の推移に伴う割合の変化をみる100%積み上げ棒グラフなどがある。
レーダーチャート 蜘蛛もの巣のような形をしたグラフで、複数の項目間のバランスを見るのに用いる。
Zグラフ 毎月の実績値、その累計値、移動合計値を一つのグラフで示し、一定期間の売り上げ実績などの動向を分析するのに用いる。移動合計値が右上がりになる程業績が上向きであることを示す。
ポートフォリオ図 二つの評価項目に関して、分析領域の位置と大きさから特性などを評価する。


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です