おもてなしやパーティー、お花見、ひな祭りや子供の日にピッタリレシピ【春のいなり寿司】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

inari02

先日、お友達が遊びに来た時のおもてなし料理に【春のいなり寿司】を作ってみました。
たっぷり使った筍の食感がとても美味しいです。

簡単だし、手軽に食べれるので春のイベントにピッタリです。
ひな祭り、お花見、子供の日。
トッピングを変えれば、見た目も楽しめそうですね。
覚書としてレシピを載せておきます。
参考までに是非作ってみてください♪

■飾りいなり寿司

<材料(10個分)>
・米 1.5号
・卵 1個
・人参(飾り用) 3〜5cm
・砂糖 大さじ1/2
・塩 少々

■ちらし寿司の具
・人参 飾り用の残り
・ゆでたけのこ 50g
・干ししいたけ 3枚くらい
☆砂糖 大さじ1強
☆酒  大さじ1
☆しょうゆ 大さじ1
☆みりん 大さじ1
米酢 大さじ1強

■いなりの皮
油揚げ 5枚
★だし汁 300ml
★砂糖 大さじ4
★酒 大さじ4
★しょうゆ 大さじ3
★みりん 大さじ1

<作り方>

1.米は普通にといで、普段よりも少なめの水で炊く。
 干ししいたけを水で戻しておく。
2.■いなりの皮作り
 油揚げをまな板にのせ、綿棒でコロコロ転がす。
3.油揚げを半分に切り、指を使って端まできちんと中を開く。
4.鍋にお湯を沸かし、2を並べて弱火〜中火で5分くらい茹でて油ぬきをする。
5.ざるにあげて、冷水で軽く洗って形を整える。
6.鍋に★を入れて火にかけ、沸騰したら油抜きをした油揚げを並べて入れ、煮汁をかけながら弱火で20分くらい煮詰め、煮汁がなくなったら冷ましておく(一晩おくとBest)
7.■飾りの花作り
 人参を3〜5mmの厚さに輪切りし、花形に抜く。
8.7の人参を鍋に入れひたひたの水と砂糖大さじ1/2と塩ひとつまみいれ、弱火で5~10分煮る。
9.■ちらし寿司の素作り
 花形にくり抜いたあとに残った人参を5mm角に細かく刻み、戻した干ししいたけは薄くスライスする。たけのこは、長さ2~3mmに切り、薄くスライスする。
10.鍋を熱してサラダ油をいれ、9を入れて中火で炒める。
11.全体に油がまわったら、干ししいたけの戻し汁と☆の調味料を加え、弱火で10~15分煮詰める。
12.煮汁がなくなったら、米酢をいれて一煮立ちさせ、冷ましておく。
13.■錦糸卵をつくる
 卵を割りほぐし、フライパンで薄焼き卵を焼き、薄く切って錦糸卵を作る。
14.■すし飯をつくる
 炊き上がったご飯に9のちらし寿司の素と6のいなりの皮の煮汁をいれ、切るように混ぜる。
15.■仕上げ
 いなりの皮にちらし寿司を詰め、いなりの皮の切り口部分の皮を5mmくらい内側に折り込む。
16.錦糸卵と花形の人参、三つ葉を乗せて出来上がり!

inari01

春らしく、菜の花を乗せたかったのですが、お店に売っていなかったので次回チャレンジしてみます☆

気合を入れすぎて、炊き込みいなり寿司と合わせて全部で30個(6号分)作ってしまいました。笑
全部ペロリ!とはいきませんでしたが、、、美味しいと言ってもらえて嬉しかったです。

一つだけ反省点としては、いなり寿司を詰める時に、いなりの皮の煮汁を絞りすぎたことかな。
もう少しジューシーないなりの皮にすればよかったです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す