どうすれば認可保育園に入れる?『子ども・子育て支援新制度』と『待機児童問題』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

sky1

平成27年4月『子ども・子育て支援新制度』スタート

平成27年4月よりいよいよ『子ども・子育て支援新制度』が始まります。
昨年末から平成27年度の認可保育園への申し込みが始まり、一次募集が終わりました。
そして現在は、二次募集の申し込みが開始されています。
今回の新制度により、待機児童問題がどのくらい解決されるのか、とても気になる所です。

子ども・子育て支援新制度』とは、平成24年8月に成立した「子ども・子育て支援法」、「認定こども園法の一部改正」、「子ども・子育て支援法及び認定こども園法の一部改正法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律」の子ども・子育て関連3法に基づく制度のこと。

今回の新制度の特に気になるポイントとしては
”都市部における待機児童解消とともに、子どもの数が減少傾向にある地域における保育機能の確保に対応します。”
という所ではないでしょうか。

保育を財政支援の対象とする「地域型保育給付」を創設されることで、特に待機児童が多く、
施設を新設する場所を確保することが困難な都市部における保育の量の拡大と、
子どもの数が減少傾向にあり施設の維持が困難である地域や、
施設までの距離が遠いなど利用が困難な地域における保育の確保が可能となる。

内閣府の4 新制度の主なポイントにはそう掲載されています。

ですが、実際にどこまで保育施設の新設場所を確保し、保育の量の拡大が行われているのでしょうか。

深刻な待機児童問題

子どもの数は少なくなっているのに、待機児童問題は解決しない待機児童問題。
こちらの記事に詳しく掲載されているので、参考に読んでみてください。
待機児童問題:朝日新聞デジタル

東京都の私が住む街は、隠れ待機児童数ワースト上位であり
別名「人生が変わる街」と言われいています。

人生が変わるとは、仕事をしない人生を歩まなくてはいけない。という意味でしょう。
育児休暇が終わっても子供の預け先が無いため、
仕事復帰することが叶わず、泣く泣く仕事をやめる人が多いようです。

待機児童数のワースト1位は、東京都世田谷区であると記事には掲載されていますが、
その待機児童数の多さに驚きを隠せません。

私の住む街でさえ、待機児童問題について市の行政がなかなか動かないため、
駅前ではお母さん方が署名を募り、
どうにかして行政を動かそうと必死に活動されているのをよく見かけます。

他の地区でもどうにかしてこの問題を乗り越えようと、様々な取り組みが行われているようです。

そういった様々な活動と新制度によって、一刻も早く問題が解決に向かう事を心から願っています。

変わらぬ認可保育園の空き状況

この新制度によって私が住む街では新たに保育施設が開設されたようです。
が、しかし
それでも第一次募集の時点ですでに溢れ出てしまったようで
第二次募集の空き定員数は全てゼロでした。

どれだけの待機児童数となったかは定かではありませんが、
予測してみる限りでは、あまり改善されていないような気がします。

そして私も第一次募集に溢れ出てしまった一人であります。


私は現在、家庭福祉員(保育ママ)さんの所に預けて仕事をしています。

第一次募集の申し込みの際は”求職中”という形になっていたので、
フルタイムで働く共働きの家庭に比べれば点数はとても低いのです。
昨年の夏から認可保育園の利用申請はしていたので、
待機児童として少し点数が加点されていてもわずかなもので、
今回の応募で溢れ出てしまうのは当たり前の結果だったと思っています。

27年度が終わると同時に、今お世話になっている家庭福祉員さんが定年退職されるので、
保育施設が見つからないと、仕事をやめなくてはいけなくなる。
そんなプレッシャーが来年には待ち受けています。

早めに認可保育園か認証保育園、保育室を見つけなければ
来年は「人生が変わってしまう」ことになりかねない。
今年はもう認可保育施設に入所するのは無理だと完全に諦め、
来年の募集にかけていた矢先….

行政の保育課から連絡がありました。
「第二希望の認可保育園に繰り上げで春からの入所が可能となります。
 入所は可能でしょうか?」

は!!?はい?!!!!
もちろんです!!!!

ということで、何故だか分からず入所が決定しました。
(とは言っても現段階では保留状態で、健康診断と面接が終わり次第の決定となります)


sky

ミラクル!認可保育園に入所決定!

なぜ”求職中”という点数の低い私が、繰り上げ入所決定となったのかは未だに不思議でなりません。
参考までに繰上入所決定した、ポイントと思えるものを挙げておきたいと思います。

1. 第二希望の保育施設が、駅から遠く認可保育園の中でも比較的入れやすいと噂されていた。
人気の駅近保育施設は、やはり応募人数が多くなりそれだけ入れる確率も低くなります。
あえて人気の保育施設を第一希望にあげるのではなく、少しでも入れる確率の高い保育施設を上位希望にしたほうが有利かも。

2. 第二希望の保育施設が、新制度に伴い施設の増設及び受入児童の増員をしていた。

3. 希望保育施設の記載は、いくつでもOKだが、敢えて第三希望までしか記載しなかった。
入れればどこでもいいさ!という気持ちですし、選んでいる余裕はないのですが、
敢えて第三希望だけにすることで、保育園に対する強い気持ちを表現してみました。
実際の所、かけるだけ書いた方がいいという話を聞くので、どちらがいいのかはわかりません。

4. 保育施設待ちの申請書類は随時提出していた。(これは当たり前ですよね)
と言っても、待機期間は去年の夏からなので、そこまで加点数はないと思われます。

よって入所決定となったポイントは、1と2が有力ですね。

これだけ待機児童が多いと言われている中、
たまたま希望の保育施設に入所できない方が居て、たまたま私が繰り上げ入所となり、
本当にミラクルとしか言いようがありません。
感謝してもしきれません。

育児休暇明けを迎えるお母さん、お仕事を始めるお母さんへ

待機児童問題で、子供の預け先が見つからないと悩まれているお母さん方は大変多いです。
特に育児休暇明けの予定が決まってる方のプレッシャーは相当なものだろうと
想像するだけで心が痛くなってしまいます。

お仕事を始めたいと思われている方も
保育施設を探すのと仕事を探すのはどっちが先なのよ!と悩んでしまいますよね。
どちらにしても、すぐに認可保育園はとても難しいと思いますが、
申請だけは必ず早めにしておいてください。
それから、認証保育園や保育室、家庭福祉員さんを手当たり次第に当たってみてください。

私の住む街でも、本当にどこもいっぱいで一つも空きがない状態でした。

今の家庭福祉員さんに預けることが出来るようになったのは、
たまたま市役所を訪れた際、掲示板に貼られていた
「現在の保育施設等の空き状況」を目にして、
たまたま”空き1名”を発見して連絡したからなのです。

ですから、どんな情報もアンテナを張り巡らしてキャッチしてください。

市役所、保健センター、公民館等、
行政が運営してる施設にはそういった情報が掲載されていたり
職員さんから情報を得ることが出来るかもしれません。

特に保健センターで開催されている、乳児ふれあいイベントや
保育施設で開催されている庭園解放等に足を運ぶことをおすすめします。
どこから空き情報を得ることが出来るのか分かりませんので。

市内、区内に止まらず、近隣の市や区も視野に入れてみてください。

認証保育園や保育所で空きが見つかったら
通園距離が長くても保育料が高くて働いた分がすべて保育料になってしまっても、
延長時間がなくて、働ける時間が短くなってしまっても、
それは認可保育園に入れるまでの我慢です。
もう心に決めて頑張って下さい。(本当に辛いと思います)

仕事のキャリアを積むことに重点を置き、私もそう心に決めて頑張ろうと思っていました。

小さいうちは大変ですが、3歳にもなれば楽になってくると思います。
保育施設が決まらなければ、割り切って子育てを思う存分楽しもう!と思うのもありだと思います。

あまり良いアドバイスを伝えることが出来ませんが、
少しでもミラクルが訪れますように。

子供の預け先がないことで、自分の人生が左右されてしまうのは本当に悲しいですが
しかしそれが今の現実なのですよね。

本当にこの待機児童問題が少しでも解決に向かう事を願うばかりです。


過去の記事も合わせてどうぞ。
東京の保育園事情
東京の保育園事情〜保育ママ制度に救われる

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す