【Wacom Intous Pro】 ペンタブレット入手しました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



イラストを描くのにペンタブレットは必要?

学校が始まってから、ずっと買おうかどうしようか悩んでいたペンダブレット。
デザインをするにもイラストを描くにも、やはり必要なのかなと、
自分のクリスマスのプレゼントとして
Wacom Intuos pen & touch もしくは Intous Proで検討していました。

値段もそこそこするので”Pro”ではなくていいかな。と思っていたのですが

Sugarサンタさん曰く

「技術がない君には、高性能の良いペンタブの方がいいに決まっている。
買うなら絶対高性能の方にしなさい。後悔しても仕方がないのだから。」

せっかくサンタさんが言ってくれているのだからProにしようかしら。
とは思ったものの、そうは言ってもやはり悩みます。

だって、もしも、万が一、飽きてしまって使わなかったら、、、、、。


サンタさんが怒り爆発する姿を想像するだけで、身震いがします。
しかし、やはり高性能のペンタブレットを早くマスターして
イラストを描いたり、デザインをしたい欲求は高まります。
(でも、、だって、、、しかし、、、と相当迷走してました。)


が!!!心を決めて、”Pro”をお願いすることにしました。

そして、早めのクリスマスプレゼントとして私の元にやってきましたよ!

【Wacom Intous Pro】


wacom


しっかりとした箱に入って届きました。

店頭で見たときよりも、なんだか輝いてみえます。
この箱を開ける瞬間が一番わくわくする時ですね。


wacom2


かいふぅぅぅぅぅーーーーー!


丁寧に包装され、高級感が漂っておりますよ。

ひとつひとつ綺麗に出して、ビニール袋も箱もきちんとそのまま取っておきます。
(使わなくなったら売ろうだなんて、一ミリたりとも考えておりませんからw)


wacom1


これが中身の全て。

“クリエイターの高度な表現力をサポートする
プロフェッショナルペンタブレットIntuos Pro。
まるで紙の上に鉛筆で描くように繊細なタッチを忠実に再現し
表現の可能性を拡げます。全てのモデルがタッチ対応で
ワイヤレスキットが標準付属。”


ワイヤレスキットがあるのが嬉しい。
そして、変え芯は4つも種類があるのです。

付属のCDからインストール出来なかったので
WacomのHPからドライバをダウンロードしてインストールするという
よく意味の分からない事態が発生していましたが
何とか使えるように準備完了です。


wacom3


一番初めに使ったときに、左右を逆に置き
ペンタブの面の右にペンを合わせたら、画面上でポインタが左に行ってしまい
設定画面をアワアワしながら調べていたことはここだけの話。


うーーん。

テーブルの上に置いたら、少し邪魔ですね。
しかし、SサイズよりもやはりMサイズの方がしっかり描けそうです。

場所問題は、のちに考えるとして
とりあえずは、操作に慣れるように毎日少しずつ練習していこうと思います。


ペンタブ


初めてペンダブで書いた文字。

文字や丸を書いて練習するのが良いみたい。

【参考メモ】

イラスト描きの不得意な人がやること+揃えておきたい道具集

初心者応援!絵描くネット

イラストがうまくなる7つの練習方法

【描けない!】ペンタブの線の引き方のコツ

さてさて、これからどこまで上達するかは努力次第と言った所でしょうか。

がんばります!




wacom Intuos Pro プロフェッショナルペンタブレット Mサイズ PTH-651/K1

新品価格
¥28,070から
(2014/12/16 20:40時点)



ワコム Intuos Pen & Touch Comic マンガ・イラスト制作用モデル Mサイズ CTH-680/S1

新品価格
¥15,408から
(2014/12/16 20:39時点)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す