産まれてきてくれてありがとう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



今日はとても大切な予定日。

【12月17日:40週】

iPhoneのカレンダーがその日をお知らせしてくれました。


10月10日の間、赤ちゃんはお腹の中ですくすくと成長していきます。

人それぞれ陣痛が来るタイミングは違いますが
妊娠40週がおおよそのの目安として出産予定日となります。
大体その予定日の2週間前後に陣痛が来て出産することとなります。


「妊娠して、出産して、元気な赤ちゃんが産まれてくる。」


◼︎普通に妊娠できることが当たり前と思っていませんか。


誰もがみんな妊娠できるわけではありません。
妊娠出来ずに不妊症の治療を受けている方、そしてその治療を受けても
妊娠することが難しい方は多くいます。

不妊症とは、産婦人科的には「定期的な性生活を送り
とくに避妊などをしていないのに、2年以上妊娠しない場合」を言うそうです。

赤ちゃんを授かる事は、簡単な事ではありません。


◼︎妊婦さんが普通の人と変わらず生活出来ていると思っていませんか。


お腹の中で赤ちゃんを育てている妊婦さんは
ホルモンバランスの影響から精神面は不安定になりますし
赤ちゃんに栄養を与える為に、常に貧血と戦っています。

大きくなるお腹を支えて動くのは、本当に大変です。

お腹の赤ちゃんを頑張って育てようと思っていても
流産や死産の危険性に、心はいつも不安を抱えています。

切迫早産で妊娠中はずっと病院で生活しなければいけない方も多くいます。

妊娠さんで居ることは、思っている以上に普通の生活が出来ずとても大変です。


◼︎誰でも簡単に出産出来ると思っていませんか。


陣痛が来て痛みを乗り越えれば、簡単に赤ちゃんが産まれてくるわけではありません。

陣痛が進むスピードも人それぞれ違いますし
破水して赤ちゃんが産まれそうになってしまい救急車で運ばれる方もいます。

赤ちゃんがなかなか産まれてこなくて
お母さんの体力も赤ちゃんの体力も限界になり、生死をさまようこともあります。

いくら医学が発達しているからといっても
昔と変わらず今もお母さんは命がけで出産に挑んでいます。


◼︎産まれてきた赤ちゃんが、勝手に大きくなると思っていませんか。


お母さんの愛情がないと赤ちゃんは死んでしまいます。

お母さんの栄養たっぷりのオッパイを飲みながら、徐々に大きくなっていきます。
温かいみんなの笑顔に包まれて、赤ちゃんは安心して大きくなります。


オッパイが足りているかな?
オムツは濡れていないかな?


泣き叫ぶ赤ちゃんをお母さんは一生懸命あやします。


健康に育ってくれますように。
お母さんの願いはただ一つだけ。


baby


「妊娠して、出産して、元気な赤ちゃんが産まれてくる。」

全てが当たり前の事だと思っていませんか?


妊娠する時から、出産して子供を育てるまで、お母さんは命がけです。
無事に出産することも、赤ちゃんが元気である事も、決して当たり前の事ではなく
命が誕生することは奇跡の連続なのです。


どんなに願っても奇跡が叶わない人は多く、それはとても悲しいことです。
それを運命や宿命と片付けてしまえれば少しは楽になるのでしょうか。




今日を出産予定日と教えてくれたその日から
私は毎月◯ヶ月記念日をカレンダーに記していました。

毎月その記念日を迎える度に「大丈夫、大丈夫」と奇跡の連続を心から喜んでいました。


そして今日の大切な予定日が訪れる前に、先週とても嬉しいお知らせが届きました。

奇跡が続いてくれた事に感謝の気持ちが溢れて、嬉しくて嬉しくて
涙が止まりませんでした。


「産まれてきてくれてありがとう」


お友達の赤ちゃんが元気に誕生しました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す