【生後6ヶ月】赤ちゃんのつかまり立ち。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



自分の大好きなスリッパの元までずり這いで高速移動。
腕のと足をしっかり伸ばして、おしりをフリフリ。

そろそろハイハイを上手に始めるかな?
そう思った矢先の、まさかのつかまり立ち。

ハイハイするよりも、高い目線から辺りを見回したかったのでしょうか。


6ヶ月20日となった娘ちゃん。
本日つかまり立ちをしました。


つかまり立ち


”成長には多少の月齢差があるから驚くことなかれ。”

そうは聞くものの、あまりの早さにネットで調べてみると

「早い赤ちゃんは生後7ヶ月頃から、つかまり立ちに挑戦し
1歳になる頃には多くの赤ちゃんがつかまり立ちをします。」

との事。

早い赤ちゃんでは7ヶ月頃から立つのですね。

「早めにつかまり立ちをし始めるのも赤ちゃんの好みの1つと考えます。
特に、はいはいやつかまり立ち、1人歩きは赤ちゃんの興味次第で育児書の順番通りにならないことが多々見られます。」


色々な物に興味津々な今。
何に興味を示すかは個性の一部かもしれません。


産まれた時から、1、2ヶ月早生まれの赤ちゃんと同じくらい、
むしろ早いくらいのペースで成長している娘ちゃん。

一つ一つ成長するごとに、安全面でのケアが必要になってきます。

そんなに早く成長しなくてもいいんだよ。

そんなママの言葉に耳を傾けることなく、ものすごい勢いで成長中です。


誤飲や転倒防止での怪我に注意をはかりながら、見守ってあげたいですね。

昼間預けている保育ママさんからは、毎日連絡帳に
「今日は鼻を噛まれました。」
「今日はほっぺを叩かれました。」
と、、、怪獣さんと呼ばれるほど、いつも大暴れしている様子の記載があります。


既におてんば娘ぶりを発揮しており、将来がとっても心配です。。。w

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す