【ベランダガーデニング】シンボルツリーはオリーブ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



ベランダガーデニング&DIYを始めて、あっという間に1ヶ月以上経ちました。

【ベランダガーデニング】床材は”すのこ”で簡単格安DIY


床材をすのこでDIYしたあとは、ベランダに出るのがとても楽しくなり、
暇を見つけては植物に水をあげたり手入れをしてあげていました。

今は忙しくなり、週末しかゆっくり見てあげることが出来ませんが、
少しずつ色々な植物を植えながら緑を満喫しています。


ガーデニングをしているどの家にもだいたいシンボルツリー(その家の顔になるような木のこと)があります。

ベランダに樹木を置くのは、大変かな?とも思いましたが、
「小さな時から大きくなるまで育ててみよう。」
ということで、我が家にもシンボルツリーを置くことにしました。


植木屋さんに行き、以下の条件の元、色々な樹木を見て我が家のシンボルツリーとなる樹木を探しました。

・実がなる
・大きすぎない
・育てやすい
・虫がつきにくい

悩んで悩んだ挙句、最終的には「葉の色がきれい」という理由で、、、
オリーブの樹木が我が家のシンボルツリーとなりました。


olive2


葉の白っぽく淡い緑がやさしい気持ちにしてれます。


olive1


“ノアの箱船”の話から由来されている未来と希望に満ちたオリーブは、実はとても縁起のいい植物らしいですよ。


【オリーブ鉢植えの育て方】

一年を通して、太陽の光の届く場所で育ててあげてください。
オリーブが喜んで、葉っぱのグリーンの色が生き生きとします。
もともと乾燥気味の土壌を好みますので、鉢の土の表面が乾いたらたっぷりと水をあげてくださいね。

伸びすぎた枝や、細くて弱々しい枝を根元から切り落とします。
また混み合っている部分も切り落として風通しが良くなるようにしましょう。


olive


鉢は、木で出来た樽のようなものにして、ナチュラル感を出してみました。

当初のベランダに比べると、徐々にですが居心地の良い場所に変わってきました。

これから寒さが厳しくなると、なかなかベランダに出る気になれませんが、
しっかりと植物たちのお世話をしてあげようと思います。

早くオリーブの実がなりますように!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す