寒い冬、熱々の焼きリンゴで体ホカホカ。

 
 
ここ数日、朝晩がとても冷え込むようになりました。
 
すでに最低気温が一桁の東京ですが、
明日の最低気温は4度ということで、今晩はかなり冷えそうです。
 
 

しかし寒くなればなるほど、暖かい料理が美味しくなりますね。
 
 
暖かい食べ物は沢山思い浮かぶけれど、
暖かいスイーツはなかなか思い浮かびません。
 
数少ない暖かいスイーツの中でも、
リンゴをシンプルに味わう【焼きリンゴ】は、
簡単で甘くてとっても美味しいので、寒い冬には食べたくなるひと品。
 
 
apple
 
 
寒い夜、小腹が空いた時のおやつにもヘルシーでとってもいいですよ。
 
体を芯から温めてくれるので、ぜひ作って作って食べてみて下さいね。
 
 
【焼きリンゴ】レシピ
 
■材料/4人分
 
リンゴ  4個(800g)
 
A:バター 60g
 砂糖 60g
 シナモン 大さじ1
 
B:砂糖 大さじ2
 水  大さじ2
 ブランデー 50ml
 
 
■作り方
 
1.リンゴは洗って、底に穴があかないように芯をくり抜き、皮全体に竹串で穴をあける。
 
2.耐熱性の浅い器に1を並べ、くり抜いた芯の部分に混ぜあわせたAを詰め、Bをかける。
 
3.180℃のオーブンで50〜55分過熱する。
(途中で2〜3回、器にたまった焼き汁をかける。)
 
※出来たては、本当に熱いので、やけどに注意して食べて下さいね。
 
 
apple1
 
 
シナモンとリンゴの最強の相性と熱々がたまりませんよ。
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です