生地から作る”サクサク”手作りアップルパイ

 
 
サクサクの手作りパイと、ジューシーなリンゴフィリングが美味しいアップルパイの作り方。
 
 
アップルパイ16
 
 
小さめ 18センチ型1台
 
【材料】
 
■パイ生地■
 
速成パイ生地「フィユタージュ・ラピッド」 約1/2量
・塗り卵
 
 
■フィリング■
 
・リンゴ(剥いた状態) 300g
・砂糖 50g
・シナモン 小さじ1/2
・レモン汁 小さじ1
 
 
【作り方】
 
1・まずは、パイ生地を作る。
参照→速成パイ生地「フィユタージュ・ラピッド」
 
パイ生地を冷蔵庫で休ませている間にフィリング作りをする。
 
 
2・フィリング作り。リンゴを1センチの厚みのいちょう切りにする。
 
アップルパイ1
 
 
3・鍋にリンゴと砂糖を入れて放置する。水分が出て来たら中火にかける。
(写真は間違えてシナモンを先に入れてしまっています。)
 
アップルパイ2
 
 
4・水分がなくなるまで約30分くらい火にかける。
 
アップルパイ3
 
 
5・火からおろしたら、レモン汁、シナモンを加えて冷蔵庫で冷ます。
 
アップルパイ4
 
 
6・パイ生地を1/3ぐらいカットし、残った2/3は冷蔵庫で待機。
 
pai9
 
 
7・パイ生地1/3を厚さ3mm位に伸ばし、パイ皿に被せる。
 
8・フォークなどでピケをする。
 
アップルパイ5
 
 
9・冷蔵庫で冷ましたフィリングを8の上に平になるように敷く。
 
敷いたらラップをして冷蔵庫で待機させる。
 
アップルパイ6
 
 
10・待機させていた残りの生地を伸ばし、型より少し長い長さの棒状に切る。
(厚さ3mm、幅1.5㎝位のものを約10本。)
 
アップルパイ7
 
 
11・冷蔵庫から型を取り出し、棒状に切った生地を等間隔に横に5本のせる。
 
アップルパイ8
 
 
12・のせたら、奇数本目と偶数本目を交互にめくりながら、生地を縦に置いていく。
 
アップルパイ9
 
 
13・端っこの部分の溶接に溶き卵を塗る。
 
アップルパイ10
 
 
14・周りをフォークでグッと抑える。
 
アップルパイ11
 
 
15・はみ出した余分な部分をナイフで切り落とす。
 
アップルパイ12
 
 
16・パイ全体に溶き卵を塗る。
 
アップルパイ13
 
 
17・オーブンを190度に余熱する。
 
18・周りの飾り付けに残っている生地で、木の葉の形に切って、ナイフで表面にうっすら模様をつける。
 
アップルパイ14
 
 
19・周りにぐるりと木の葉を飾り付けて、また溶き卵を塗る。
 
190度のオーブンで約45分焼く。
 
20・完成(フィリングにレーズンを入れても美味しいですよ)
 
アップルパイ15
 
 
 
山形県産の紅玉を頂いたので、早速アップルパイにしてみました。
 
紅玉はそのまま食べると少し酸っぱいので、お菓子作り等に使うといいよ。と教えて頂きました。
 
そのまま食べてもとっても美味しいリンゴ。
 
色々なお菓子に変身させるのもいいですね。
 
焼き上がった頃には、リンゴとシナモンのいい香りが部屋中を漂いますよ。
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です