憧れの家庭菜園 in 山形県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



山口県宇部市の林一族は農家であり、私の祖父も兼業米農家をしていたので
畑と田んぼが身近にある事が当たり前の生活でした。

夏になれば畑になったトマトを食べて、野菜を収穫。

秋は泥だらけになって芋掘り。

稲刈りが済んだ田んぼは、子供の遊び場所へと変わってゆく。


身近にあったからこそ、大人になった今でも
同じ環境に憧れを抱くのでしょうか。


山形県のに住むお義父さんお義母さんのお家のお庭は、
どこか山口県の実家に近いものを感じました。

というよりも、山形県と山口県は気候を除いて、どことなく町並みが似ているのです。


farm


燦々と降り注ぐ朝日は露に優しい光を反射させ、眩い輝きを放っています。

「あぁぁ、これが正に私が求めている朝の光だ。」

東京の自宅では感じる事の出来ない、朝の時間。

自然の空気がとても美味しい。


farm4


自家製野菜と山菜で彩る【田舎の朝ご飯】 in 山形県

田舎朝ご飯の材料は、勝手に名付けたこの素敵な家庭菜園「ショコファーム」から採れたもの。


farm1


にんじん、白菜、トマト、大根、ネギ、キャベツ、サトイモに菊の花。

沢山植えられた野菜は、大地の恵みを沢山受けて、大きく成長しています。


farm2


庭先には、拾って来たクルミや収穫されたキクラゲに唐辛子が天日干しされていて、
私の小さなショコガーデン(ベランダ)では叶わぬ光景に、胸をドキドキさせてしまいました。

そして幼い頃、おじいちゃんとおばあちゃんが同じように天日干ししていた光景を思い出し、
懐かしい気持ちになりました。


farm3


一軒家に広い庭や畑がある生活。

田舎では当たり前の事が、東京では叶わぬ遠い夢。

いつか、また田舎に戻れるように、小さな小さなショコガーデンで夢を膨らませておこうと思います。


ちなみに、山形県でビックリするほど理想の物件を見つけましたよ。

この夢のような素敵物件のお話は、また次回。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す