山形県の郷土料理【菊のおひたし】作り方

 
 
山形県のお義母さんに作ってもらい
 
初めて食べた【菊のおひたし】
 
 

食感がシャキシャキでビックリするほど美味しい
 
 
kiku
 
 
山形県は、食用菊の生産量が全国1位。
 
しゃきしゃきとした歯ごたえ、ほのかな香り、ふっと甘くてほろ苦い。
 
 
きくの花びらを食べる習慣は、江戸時代から始まったとされ、
日本の伝統的なエディブルフラワー(食用花)の1つだそうです。
 
 
山形県の郷土料理の一つとされる【菊のおひたし】
 
食用菊を沢山頂いて帰ったので、さっと自宅でも作ってみました。
 
 
【菊のおひたしレシピ】
 
■材料
 
・食用菊
・お酢(小さじ1)
・水
 
■作り方
 
1・食用菊は、軸から花びらをはずします。(軸は食べません)
 
 
kiku1
 
 
2・花びらをしっかり水洗いします。
 
 
kiku2
 
 
3・鍋に水と少々の酢を入れて、沸騰させます。
 (お酢は入れすぎると、味が残るので少しだけ。)
 
 
4・花びらを入れ、さっと茹でます。
 (茹で過ぎると美味しくないので、花びらを菜箸でサッとお湯に沈める感じで大丈夫です)
 
 
kiku3
 
 
5・花びらをザルに取り、水に晒します。粗熱が取れたら、水気をしっかり切ります。
 
 
kiku4
 
 
6・お好みで、少量の麺つゆや醤油で和えて食べて下さい。
 
 
kiku5
 
 
東京都中央卸売市場で扱う6割以上は山形産が占めるそうので、
東京で食用菊を見つけた時には、購入してまた作りたいと思います。
 
 
その地方ならではの郷土料理には、
その土地の食文化や生き方が垣間見えて面白いですね。
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です