自家製野菜と山菜で彩る【田舎の朝ご飯】 in 山形県

 
 
なすや高菜のお漬け物や菊の花ときくらげのお浸し。
 
フキの煮物になめこのおみそ汁。
 
庭の菜園から採ってきたばかりの、野菜のサラダ。
 
季節が変われば、沢山の山菜も一緒に並び
 
素朴な味付けは、新鮮な素材の味を堪能出来る。
 
 
これぞ正に田舎の朝ご飯。
 
 
 
朝ご飯1
 
 
 
山形県市内から約1時間車で北に向かった場所にある大石田町。
 
冬は2mもの雪に囲まれる、山間の小さな小さな町です。
 
私の旦那様が育った場所であり、
そして、私の第二の故郷となった場所です。
 
 
寒い地方ならでは「漬け物」が有名で、
食卓には必ず美味しい漬け物が並びます。
 
 
山に囲まれた町なので、海の幸より山の幸が多く、
海に囲まれた山口県で育った私にとって
山菜はとても珍しい食べ物でした。
 
 
朝ご飯
 
 
 
【田舎の朝ごはん】
 
ゆったりとした時の流れの中
 
自然の恵みをしっかりと噛み締め
 
両手を合わせて
 
「いただきます」
 
“食”と向き合うこと
 
“食”に感謝すること
 
 
 
朝の時間の大切さや、食について考えた
 
田舎ならではの素敵な朝ご飯を頂いた、帰省初日でした。
 
 
そして、この山形県の菜園を勝手に「ショコファーム」と名付けたのでしたw
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です