準強力粉(リスドォル)を使ってバケット作り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存



今週末の連休は車で山形県へ帰省予定。

出発は明日の午前3時。

手土産は、いつもの通り「ショコパン」


ということで、

先日、購入した準強力粉(リスドォル)を使って、バケットを作りました。

準強力粉を使って、パンを作るのは初めてです。


LYSDOR


※準強力粉とは製粉会社がフランスパン専用の小麦粉として販売している小麦粉のこと。

準強力粉は一般強力粉に比べるとたんぱく質の量がやや少なくミネラル分が多い。

伸びやすい生地が出来上がりますので、フランスパンに向いている。


ホームベーカリーで1次発酵まではお任せです。

アラームが鳴って取り出してみると、何ともまあ「扱いにくい」


生地が柔らかいので、形成するのにベタベタする、、、、。


まさかの展開にちょっと焦り気味になりながら、

ベンチタイム、二次発酵を済ませ、クープを入れて焼いてみます。


が、、、、、


クープを入れた所が綺麗に開かない!!!!!


なかなか難しいフランスパン(バケット)作り。


配合もまだまだ調整が必要。

形成のコツもまだまだ練習が必要。

特にクープの入れ方は、研究が必要。



しかしながら、今回は時間がないので
ちょっと不格好ですが、お土産とお見舞いに納得いかない「ショコパン」を持って
山形県まで行ってきます!w


LYSDOR1


しっかり配合して満足のいく出来になったら、備忘録として配合レシピを乗せますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメントを残す