iPhone6ケースより小麦粉の方が重要度”高”

 
 
iPhone5のケースは、お気に入りだった池田修三さんの作品「冬彦」さん。
 
 
iphone6
 
 
新しくiPhone6になったので、お気に入りの冬彦さんとお別れをし、
新たなケースを選びにお店に行きました。
 
 
手帳タイプのもいいかな。とか、
 
革のタイプもカッコいいな。とか、
 
あちこち見ては悩んで悩んで、
 
結局、悩むこと1時間。
 
 
そして、気付いたのです。
 
 
iPhoneケースなんて何でもいいじゃない。
 
 
と。
 
 
大好きな池田修三さんのiPhoneケースがあれば、迷わずにそれを選ぶけれど、
iPhone6ではまだ出ていないので、何にしようが一緒なのです。
 
 
「それよりも、私は小麦粉を買うんやでー!!!」
(小麦粉にお金をかけるんやでー!という意味不明な心の叫び)
 
 
結局、金運アップのゴールドがキラキラと輝いて見える
格安な透明極薄ケースにしましたよ。
 
これで金運アップも間違いなし!
(だって節約したものw)
 
 
iphone6.
 
 
そして、フランスパン用の準強力粉「リスドォル」を発見したので、
そちらをiPhoneケースより”心の重要度高”という意味で優先して購入しました。
 
 
iPhoneケースの種類のように、
小麦の種類が豊富な「小麦専門店」があればいいのになぁと思った今日。
 
前から探している「はったい粉」は未だ見つからず。。。
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です