Album Cafe 〜アルバムを作る大切さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存


今日は山本写真機店さんでAlbum Cafeが開催されました。
Album Cafeは本日で2回目の参加となります。

今回は、昨年の12月に開催された、「うべを向いてあるこう」で撮影した
チェキの写真を使ってのアルバム作り。

選んだアルバム台紙は、ぞうさんペーパー。
スリランカで開発、製造されたリサイクルペーパーなのですが、
なんと、原料は現地に生息するセイロン象の糞!
糞の中に大量に含まれる植物繊維を利用して独自の方法で製紙されています。

alubumcafe3

このぞうさんペーパーが大好き!
紙の質感、色合いが優しい気持ちになれます。
そんな紙を使って作られたアルバム台紙は、本当におすすめ。

アルバム写真自体は、「うべを向いてあるこう」ですが、
テーマは
「THANK YOU FOR YAMAMOTOSHASINKITEN」


山本写真機店さんに出会って、初めて写真教室に通い、多くの事を学びました。
今日に至まで、沢山のイベントに参加させて頂き、本当に充実した日々を過ごす事が出来ました。

まだ約1年という短い期間のお付き合い。
しかし、私の人生でかけがえのない位、大切な大切な時間でした。

そんな山本写真機店さんに感謝の気持ちを沢山込めた、アルバム。
自分自身の為の大切な思い出のアルバム。

alubumcafe1

アルバムには写真と共に、この1年で学んだ事、感じた事、忘れてはいけない事、
びっしりと書き込んでいこうと思います。

その時の気持ち・記憶は、年月が経てばどんどん曖昧なものになっていきます。
撮影された写真は、ハードディスクにどんどん溜まり、データの塵となっていきます。


今はパソコンが主流となり、写真もアルバムもデジタル化されている方が多いと思います。
私自身も、山本写真機店さんに出会うまで、写真をプリントする事はほとんどありませんでした。

日常の写真、家族旅行の写真は、
ハードディスクに溜まり、整理もしないまま、見返す事もなく。
1枚の写真の重みは、どんどん軽くなります。

いいカメラ、レンズを揃えて、かっこいい写真を撮ろう。
そうして、家族写真はどんどん減っていきます。

何の為の、誰の為のカメラ・写真なのでしょうか。


昔では当たり前だった事が、当たり前ではなくなってしまう現代。
便利になればなるほど、人は大切なものを見失ってしまうのかもしれません。
時代の流れと言えばそれまでかもしれませんが。


しかし、そんな当たり前で一番大切な事。

「家族の写真を撮ろう」

写真をプリントし、アルバムを作る事。

「大切な思い出は形として残す」


手に取って写真を見る事の良さ、そこに詰められた想いは、
データとして処理出来ない、本当に大切なものです。

alubumcafe2

1回目の参加の時は、両親にプレゼントする為の、
思い出が沢山詰まったアルバムを作りました。

目に涙を浮かべて喜んでくれた両親。
アルバムの大切さを実感した瞬間でした。

これからも、大切な思い出を形にしていきたいです。
そして本当に本当に、心から・・・

「THANK YOU FOR YAMAMOTOSHASINKITEN」

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

『Album Cafe 〜アルバムを作る大切さ』へのコメント

  1. 名前:Satomaro 投稿日:2013/07/10(水) 09:35:02 ID:f74dcf99b 返信

    写真は、プリントしたほうがいいですよね。
    震災の時、沢山の写真が救われた姿をみて、さらにそう思うようになりました。
    だって、デジタルデータはディスクが壊れたらお終いやしね

    • shocolinJP 名前:shocolinJP 投稿日:2013/07/10(水) 09:59:34 ID:498630591 返信

      さとまろさん、コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
      データ壊れたら涙どころじゃないですよね。まだまだプリントしてない写真が沢山あるので、せっせとアルバム作りしようと思います♪

コメントを残す