簡単!美味しい♪さくらんぼのマトファン

 
まだまだ沢山の実を付けるサクランボの木。
 
せっかくこんなにもなっているのだから、美味しく食べてあげなくては!
 
と、、、先日はジャムを作ったので、
今回はさくらんぼのマトファン作りに挑戦です。
 
 
cherry8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夕食を終えて簡単に作れる物をネットで検索していた所、
フライパンで簡単 さくらんぼのマトファン[男の料理]
を発見!
 
 
[男の料理]という言葉に惹かれ、レシピを見てみると、、、
何と!フライパンで本当に簡単に出来るではないですか。
 
[男の料理]と聞くと、大雑把に豪快にザックリ作っちゃう!というイメージ。
 
女子でありながら、料理に関しては細々した事があまり好きではない私。
分量をきっちり計らないと駄目!という料理は、レシピを見た時点で作る気が失せてしまうのです。
 
チマチマするよりも、ザックリ豪快にバサーーーっと作りたいので、
男の料理と聞くと、ついついレシピを覗いてしまいます。
 
 
さくらんぼのマトファン
【材料と分量】
 
・さくらんぼ  200g
・薄力粉    70g
・塩      ひとつまみ
・たまご    2個
・牛乳     200cc
・バター    20g
・シナモン   小さじ1
・グラニュー糖 大さじ2~4
・ブランデー  お好みで
 
 
今回はこの倍の量で作りました。
大きめのフライパンに3枚焼ける位の量です。
 
【作り方】
1.さくらんぼを洗い、半分に切って種をとる。
 
 
cherry5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(始めは真面目に半分に切って種を取っていましたが、これがまた面倒で、、、
 途中放棄し、さくらんぼは丸ごと入れることにしました。)
 
 
2.ボールに薄力粉と塩と卵と牛乳と砂糖とバター加えてよく混ぜる。
(実際のレシピでは、分けて混ぜなくてはいけないようですが、
 男は黙って豪快に!という事で全部投入ですw)
 
 
cherry6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
3.フライパンにバター10gを入れ弱火にかけ、溶けてフライパンになじんできたら、
  生地を流し込みます。
 
 
4.サクランボを生地の上に並べて、フタをして弱火で焼きます。
 (約10分位かな)
 
 
cherry7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
5.生地のふちが焼けて固まって来たら、裏返して、きつね色になるまで焼きます。
 
 
6.熱いうちにシナモンシュガーをふりかけて、お好みでブランデーをふりかけて完成。
 (シナモンシュガーがなかったので、粉砂糖で代用)
 
 
1枚目は、きちんと半分に切って種を取り除いたもの。
2枚目は、丸ごと入れたもの。
3枚目は、半分に切って種を取り除いたサクランボと生地を焼く前からミックスさせたもの。
 
この3パターンを作ってみました。
 
クレープ生地を厚めに焼いたマトファン、サクランボの甘酸っぱい果汁が合わさって
本当に美味しいーー!
 
一番美味しかったのは、種を取らずに丸ごと入れたものでした♪
 
食べた瞬間の果汁の広がり方は、皮に包まれたままのサクランボが一番です!
 
 
沢山実をつけたサクランボも土曜日の雨で、ほとんど落ちてしまいそうなので、
今のうちに満足いくまでサクランボを堪能しようと思います。
 
 
cherry4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さくらんぼのマトファンは厚めのクレープ生地なので、
アイスや生クリームをトッピングすると更に美味しさUPな予感です☆
 
 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です